この歳になっても、やはりコンピュータゲームは好きです。
これからも、趣味・仕事を問わず、何らかのかたちでゲームに関わり続けたい・・・と考えています。遊ぶのはもちろん、開発することも含めてです。
個人的な振り返りのために、今年遊んだゲームをゆるく振り返ってみます。
これが全てではありませんが、とくに印象に残っているものです。

Skyrim Special Edition

オフラインゲームをこんなに長く遊んだのは久しぶりです。今年も、かなりの時間をタムリエルで過ごしました。やめたいのに、やめられない、もはや中毒者である自覚があります。
ほかの重要なことを差し置いても、スカイリムで遊んでしまいますし、一度はじめると、頭が痛くなるまで止まりません。
誰とも関わらず・・・たまにMODコミュニティに投書しますが、基本的に、孤独に、黙々とやる。こういうのが性に合っています。癒やしですらあります。
なぜFalloutではなくSkyrimなのか・・・といえば、ハイファンタジーの世界観が好きだし、キャラクターメイキングの自由度が高いからです。
MODを使うために、PC版しか遊んでいません。最近では、NintendoSwitch版も出ましたね。

アップデート

Skyrimには、32bit版のLegendary Editionと、64bit版の新しいエンジンを搭載したSpecial Editionがあります。今年の前半はまだ古い32bit版で遊んでいましたが、MOD環境が整ってきたので、5月ごろから64bit版に移行しました。MOD環境を構築し直して、まったくのゼロからのスタートです。
いまだにMOD開発が活発に行われているので、目が離せませんね。

最近やっていること

なぜこんなに長時間遊べているのか、自分でも不思議です。
去年までは、ひとつのキャラクターで長く遊んでいたと思います。最近では、キャラクターを切り替えながら遊んでいます。いろいろなステータスタイプ、容姿、バックグラウンドストーリー、しばり(難易度)の組み合わせでキャラメイクしています。

例えば・・・拳闘士(素手しばり)をベースにして、
- 拳闘士x暗殺者のオジサン
- 拳闘士x修道女(回復スキル)
- 拳闘士x同胞団(人狼)
などなど・・・無数の組み合わせができるのです。

1つのキャラビルドで数時間〜数十時間と、ばらつきがあります。育成途中がいちばん楽しいので、50時間くらい遊んだらまた違うキャラを作ります。ストーリーは完全無視です。
難易度も、切り替えながら遊んでいます。ちゃんと死ねるバランスにすること。
ほとんど、サンドボックス型ゲームのような遊び方ですね。

こうした組み合わせやRPのなかから、自分の創作活動のためのインスピレーションを得られることもあります。

少しハマりすぎているので、警戒しています。

Hollow Knight (ホロウナイト)

ホロウナイトは、いわゆるメトロイドヴァニア型のゲームです。プレイヤーキャラは、クワガタみたいな虫っぽいやつです。広大なハロウネストの地下空間を探索します。

伝統的なメトロイドヴァニアのギミックが盛り込まれつつも、細部まで凝った世界観。心細いダンジョン。すごく好きです。私は3周くらい遊びました。サウンドトラックも買いました。
人によっては、挫折する難易度かもしれません。
チャームの付け替えによって、全然違ったビルドで楽しめるところも良かったです。

DARK SOULS Ⅲ

だいぶ前に発売されたのですが、時間が無くてやっていませんでした。
オンラインが大きな特徴のゲームですが、私は一貫してオフラインで遊んでいます。オンラインプレイはトラウマ。

何周か周回プレイしたり、一通りのキャラビルドで遊びました。
わかっていたことですが、難易度が高すぎて心折れます。チートを使う場面もありました。慣れれば面白いと思うんだけど・・・。ちゃんと周回できるようになるまでが大変だった。

やっぱり、戦闘そのものが楽しいし、戦い方・武器・キャラビルドのパターンが多いのが好きです。

ダンジョンメーカー

一転してスマホゲームです。
ダンジョンメーカーは、ディフェンスゲームのような操作感に、ローグライクのような緊張感をもたせたゲームだと思います。
なかなか中毒性が高く、仕事に支障が出るので、すぐに消してしまいました・・・。
これは、すごいゲームだと思いました。

すごさ

などなど・・・すごく参考にしたいゲームデザインでした。

Moonlighter

Moonilghterは、ドット絵で描かれた世界で、昼は商店・夜はダンジョン探索、というゲームです。
やりこみ要素には欠けますが、2周くらいしました。軽装・中装・重装のバリエーションがあり、武器も何種類かあります。

ドット絵のキャラクター、ダンジョン、豊富なアイテム、武器、モンスター。これらのグラフィックが好き。

UNDERTALE (アンダーテール)

積みゲー消化です。
アンダーテールは、MOTHERっぽい雰囲気の世界が特徴のゲームです。
ストーリー面白かったし、サントラも買いました。
いくつかのルート分岐があるようで、攻略サイトを見るまで気づけませんでした。最後にGルートをやろうとしたけど、辛かったので途中放棄しました。

Conan Exile

ハードコア、サバイバル系のゲームで、サンドボックス型。つまり、ゴールが無く、何をしてもいいよ、というゲームです。
オンラインプレイが大きな特徴ですが、私はオフラインで遊んでいます。
管理コンソールもあるので安心です。
あまりハマれなかった。一人でやるゲームじゃないんだと思う。

TinyEcho

積みゲー消化です。

美しい・・・
ゲーム中には、文字がでてきません。すべてグラフィックで表現されます。
マップを歩くだけですが、パズルゲームのような要素があります。よく迷子になります。

GRIS

美しい・・・
メトロイドヴァニア型のような、そうでもないような、横視点ゲームですが、あまり見たことが無いような美しさです。よく動く。まるでアニメーション作品みたいです。パズル要素、アクションパズル要素があり、ちょっと難しい仕掛けもありました。
ほどよく心地よいハザード、インタラクション。一方通行が多いマップなので、いちいち進むのに勇気がいるので、ほどよいストレスを感じ、それがまたいい。


あとがきです

最近、新しいゲームをはじめることが少し億劫になっています。とくにフルプライスゲームは、なかなか、やる気になれません。これからも、軽いボリュームのゲームを遊ぶ比率が増えていくのではと思います。
プレイ傾向として、孤独に黙々とひとりで遊ぶゲームが最近多いです。サンドボックスのなかで、キャラビルドして、パーティー編成して、それを黙々と繰り返す。そんなのが好きなのかもしれません。
オンライン対戦型のサバイバルゲームなどが巷にあふれていますが、今後もあまり遊ばないと思います。

グラフィックやサウンドが気になる(美しい)ゲームはけっこう衝動買いしています。これは、今後も続くと思います。私は、リアリティは全く求めていません。むしろ、シンプルな表現や、絵のようなゲーム世界が好きです。

来年はスカイリムをやめたいです。それから、自主制作ゲームもそろそろ形にしたいと思っています。

それでは。