JavaScriptでグラフやチャートを描画するライブラリは山ほどあるが、C3.jsがけっこう使いやすかった。
C3.jsは、D3.jsを利用(ラップ)したライブラリである。D3.jsは、データをグラフィカルに表現するための手法を提供してくれる。
D3.jsを利用した同様のライブラリは非常にたくさんある。ありすぎて困る。
筆者がC3.jsを選んだ決め手は、「出力結果のチャートがシンプル」「APIがシンプルで使いやすそう」だからである。

http://c3js.org/

リアルタイムで書き換えて確認できるベンリなWebサンプル

C3.jsのサイト上のすべてのサンプルコードは、ブラウザ上で書き換えが可能で、リアルタイムに反映される。
大変べんり。コーディングする際にも重宝しそう。

多彩なtypeが用意されてるよ!

いわゆる棒グラフ、折線グラフ、円グラフなど、多彩なタイプが用意されてる。

設定をかなりいじれる

グラフの見た目に関する設定を、かなり細かくチューニングできる。シンプルだが奥深いAPIが提供されている。

C3.js Reference
http://c3js.org/reference.html